平成27年(2015年)5月のことば

平成27年(2015年)高井寺今月のことば

平成27年(2015年)高井寺今月のことば

 

煩悩具足の凡夫
火宅無常の世界は
よろづのこと、みなもって
そらごと、たはごと、まことあるなきに、
ただ念仏のみぞ、まことにおはします

親鸞聖人(歎異抄後序) 続きを読む

「祝婚歌」 吉野弘

祝婚歌

ゆったり ゆたかに 光を浴びているほうがいい

 

先日、結婚式の事前打合せで実家の長野に行ってきました。

仏前結婚式のスペシャリスト、圓長寺、嶋倉ご住職に作成していただきました
レジメの中にあった、吉野弘さんという方が書かれた「祝婚歌」という詩が、
読めば読むほど心に響いてきました。

「ゆったり ゆたかに 光を浴びているほうがいい」 続きを読む

死は最後の贈り物

久しぶりの投稿です。紆余曲折ありまして、たまに東京、千葉でお通夜・ご葬儀に出仕させて頂いております。
最近よく、お通夜の法話の際に、平野恵子さんの子供達に宛てられたメッセージを朗読しています。

平野恵子さんは、岐阜県高山市の浄土真宗の寺の坊守(住職の奥様)でした。

彼女が39歳の時に癌(ガン)の告知を受け、41歳の時に往生されました。

癌の告知を受けた時、平野恵子さんには三人のお子さんがいましたが、そのお子さん達へ宛てた手紙形式のメッセージです。

続きを読む

平成25年 七日法事 法話①

七日法事も早、3日目になりました。

本日ここにお参りいただいた方々は、ここ1年で身近な方を亡くされて、言い表しようもなく、つらく、哀しい思いをされた方ばかりだと思います。

実は私も3年前の平成22年の12月14日に母を亡くしました。おととしが、母の新盆でした。

父から「母が亡くなった」と電話をもらった時、私は銚子にいましたので、長野にすぐかけつけました。

到着して布団に寝ている母を見た瞬間、涙があふれてきまして、しばらく止まりませんでした。

今考えてみますと、その時流した涙は、かなしさ、さびしさの涙というよりは、後悔の涙だったように思います。

続きを読む

僕から見た世界・・・~読書の秋~

「生物から見た世界」岩波文庫

「生物から見た世界」岩波文庫 ※寝る前に読むとよく眠れます♪

先日ネットでこんなページを見つけました。
「カラパイア」「動物たちには世界がこんな風に見えている」

興味深かったので、ネットで検索して、ユクスキュル/クリサートという生物学者が書いた、
「生物から見た世界」という本を購入し読んでみました。

「還世界(かんせかい)」という概念を提唱し、解説している本です。

続きを読む

本音と建て前

相田みつをさんの「セトモノ」という有名な詩があります。

セトモノと セトモノと
ぶつかりっこすると すぐこわれちゃう
どっちか やわらかければ だいじょうぶ
やわらかいこころを もちましょう

そういうわたしは いつもセトモノ

僕も好きな詩です。
最後の「そういうわたしは いつもセトモノ」という箇所で救われるような気がします。

続きを読む

門徒ものしらず

以前お参りで、とあるお宅にお伺いしたときのこと。
そのお宅の奥さんに、お仏壇のお荘厳について色々質問されました。
そして、無事質問に答え終わった後、奥さんがぼそっとこんなことを言われました。

私、こういうこと、何にも知らなくて・・・。
本当に私「門徒ものしらず」ですみませんでした・・・。
ありがとうございました・・・。 続きを読む

何でも「話」聞きます

あなたの「悩み・ぐち等」何でもお話聞きます。
基本的にどんな話でも聞きます。

匿名で結構です。
もちろん料金は発生しません。無料です。
お気軽にどうぞ^^

 

Skypeを使える方

Skype ID :tosizoo4649

まずはIM(インスタントメッセージ)で連絡お願いします。