『念仏者の生き方』 

伝灯奉告法要

伝灯奉告法要

平成28年10月1日から平成29年5月31日まで、京都の本願寺で「伝灯奉告法要」がお勤めされます。※「伝灯奉告法要とは?
法要初日に、大谷光淳ご門主が「ご親経(ごしんぎょう)」を述べられました。
その全文を掲載します。
注目すべきは、とかく凡夫や他力を口実に、『個々の「生き方」は問わない』といった宗門の風潮をいましめられている点。
「生き方」を問わないのならば、もはや仏教とは呼べないはずです。
煩悩具足の身ではありますが、少しでも煩悩を克服しようという生き方こそ、
正に念仏者の生き方だと(僕も)思います。

————————–(ご親経ここから)——————————–

仏教は今から約2500年前、釈尊がさとりを開いて仏陀(ぶっだ)となられたことに始まります。
わが国では、仏教はもともと仏法(ぶっぽう)と呼ばれていました。
ここでいいう法とは、この世界と私たち人間のありのままの真実ということであり、これは時間と場所を越えた普遍的な真実です。
そして、この真実を見抜き、目覚めた人を仏陀といい、私たちに苦悩を超えて生きていく道を教えてくれるのが仏教です。

仏教では、この世界と私たちのありのままの姿を「諸行無常」と「縁起」という言葉で表します。
「諸行無常」とは、この世界のすべての物事は一瞬もとどまることなく移り変わっているということであり、「縁起」とは、その一瞬ごとにすべての物事は、原因や条件が互いに関わりあって存在しているという真実です。
したがって、そのような世界のあり方の中には、固定した変化しない私たちというものは存在しません。

しかし、私たちはこのありのままの真実に気づかず、自分というものを固定した実体と考え、欲望の赴くままに自分にとって損か得か、好きか嫌いかなど、常に自己中心の心で物事を捉えています。
その結果、自分の思い通りにならないことで苦しんだり、争いを起こしたりして、苦悩の人生から一歩たりとも自由になれないのです。
このように真実に背いた自己中心性を仏教では無明煩悩(むみょうぼんのう)といい、この煩悩が私たちを迷いの世界に繋ぎ止める原因となるのです。
なかでも代表的な煩悩は、むさぼり・いかり・おろかさの三つで、これを三毒の煩悩といいます。

親鸞聖人も煩悩を克服し、さとりを得るために比叡山で20年にわたりご修行に励まれました。
しかし、どれほど修行に励もうとも、自らの力では断ち切れない煩悩の深さを自覚され、ついに比叡山を下り、法然聖人のお導きによって阿弥陀如来の救いのはたらきに出遇われました。
阿弥陀如来とは、悩み苦しむすべてのものをそのまま救い、さとりの世界へ導こうと願われ、その願い通りにはたらき続けてくださっている仏さまです。
この願いを、「本願」といいます。
我執(がしゅう)、我欲(がよく)の世界に迷い込み、そこから抜け出せない私を、そのままの姿で救うとはたらき続けていてくださる阿弥陀如来のご本願ほど、有り難いお慈悲はありません。
しかし、今ここでの救いの中にありながらも、そのお慈悲ひとすじにお任せできない、よろこべない私の愚かさ、煩悩の深さに悲嘆せざるをえません。

私たちは阿弥陀如来のご本願を聞かせていただくことで、自分本位にしか生きられない無明(むみょう)の存在であることに気づかされ、できる限り身を慎み、言葉を慎んで、少しずつでも煩悩を克服する生き方へとつくり変えられていくのです。
それは例えば、自分自身のあり方としては、欲を少なくして足ることを知る「小欲知足(しょうよくちそく)」であり、他者に対しては、穏やかな顔と優しい言葉で接する「和顔愛語(わげんあいご)」という生き方です。
たとえ、それらが仏さまの真似事といわれようとも、ありのままの真実に教え導かれて、そのように志して生きる人間に育てられるのです。
このことを親鸞聖人は門弟に宛てたお手紙で、「(あなた方は)今、すべての人びとを救おうという阿弥陀如来のご本願のお心をお聞きし、愚かなる無明の酔いも次第にさめ、むさぼり・いかり・おろかさという三つの毒も少しずつ好まぬようになり、阿弥陀仏の薬をつねに好む身となっておられるのです」とお示しになられています。(※歎異抄より)
たいへん重いご教示です。

今日、世界にはテロや武力紛争、経済格差、地球温暖化、核物質の拡散、差別を含む人種の抑圧など、世界規模での人類の存在に関わる困難な問題が山積していますが、これらの原因の根本は、ありのままの真実に背いて生きる私たちの無明煩悩にあります。
もちろん、私たちはこの命を終える瞬間まで、我欲に執われた煩悩具足の愚かな存在であり、仏さまのような執(とら)われのない完全に清らかな行いはできません。
しかし、それでも仏法をよりどころとして生きていくことで、私たちは他者の喜びを自らの喜びとし、他者の苦しみを自らの苦しみとするなど、少しでも仏さまのお心にかなう生き方を目指し、精一杯努力させていただく人間になるのです。

国の内外、あらゆる人びとに阿弥陀如来の智慧と慈悲を正しく、わかりやすく伝え、そのお心にかなうよう私たち一人ひとりが行動することにより、自他ともに心豊かに生きていくことのできる社会の実現に努めたいと思います。
世界の幸せのため、実践運動の推進を通し、ともに確かな歩みを進めてまいりましょう。

2016年(平成28年)10月1日

浄土真宗本願寺派門主 大谷光淳

—————–(ここまで)——————————

左は前ご門主 右が現 大谷光淳ご門主

左は前ご門主 右が現 大谷光淳ご門主


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA